静脈内鎮静

こんにちは。博多区の歯科医院やまだホワイトクリニック歯科の中村です。

今日は歯科麻酔についてお話ししたいと思います。

 

私たち歯科医師にとっては悲しい現実ではありますが、歯科医院に喜んで足を運んでくれる患者様は極少数です。歯医者が好きな人は7%であるのに対し、嫌いと答えた人は60%を越えるというデータもあるそうです。

嫌いな理由としては、音やにおいが苦手な方や、痛いのが嫌だという方、とにかく怖いという方が大半を占めるのではないでしょうか。

歯科治療に伴い痛みを感じる可能性がある場合、私たちは麻酔を用いて患者様のストレスを軽減することに努めます。

 

麻酔にも様々な種類があるのですが、当院の特色としては鎮静麻酔を併用して処置を行うということです。静脈内鎮静法は、リラックス効果のある薬を点滴して麻酔をかける方法で、眠ったような状態で治療を受けることが可能です。

診療をしていると、自分の想像以上に歯科治療に対して恐怖心を持っている方、強い嘔吐反射で治療が困難な方が多いと感じます。そして十分な口腔ケアができないために虫歯が多発しているのです。

当院に勤めるようになって、静脈内鎮静を行うことにより、今までであれば嘔吐反射が強くて全く口の中に手を入れることが出来なかった方の治療を行うことが出来るようになったり、恐怖心が強い方がストレスを感じずに治療が出来たりと、その有効性を術者の立場としても感じています。

歯科治療に関して不安が大きい方は、ぜひ一度ご相談ください。iryou_tenteki.png