シーラントについて

こんにちは。福岡市博多区の山田ホワイトクリニック歯科スタッフの稙田です。

今日はシーラントについてご紹介したいと思います。

1.シーラントってどんなもの?

 

虫歯予防が期待できるシーラント。シーラントとは、奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込んで

その溝から出来る虫歯を予防する方法です。

シーラントは、保険治療で行う事が出来ます。

2.シーラントをした方がいい歯

 

シーラントは、形が複雑だったり溝が深い奥歯の溝に行う処置です。前歯の裏のくぼみが深い場合も行うことがあります。

主に6歳臼歯に行う事が多いですが、その手前の小臼歯と呼ばれる歯や、 乳歯でも歯の溝が深い場合は行うことがあります。

3.シーラントの効果(メリット)

シーラントの効果はしっかりとケアがされている環境で行うことで、虫歯の予防効果があることがわかっています。

シーラーントを行った場合とシーラントを行わなかった場合とでは、虫歯になる割合が違ったいう研究データもあります。

ただ、シーラントを行うだけで虫歯にならないということではなく、その他に定期検診や適切な歯磨きが行えていることが

条件となります。

4.シーラントのデメリット

歯の溝のみにしか行えない シーラントは歯の溝に対応する処置であり、歯と歯の間や歯と歯の境目には処置を行うことができません。

シーラントは外れることもあり シーラントをしたからといって、永久的に取れないことはありません。

むしろ、取れやすいと事もあるといわれデメリットでもあります。 

 また、絶対に虫歯にならないというものでもありません。

大切なのは、毎日の歯磨きや正しい食生活習慣になります。

シーラントは、歯の溝にできやすい虫歯から歯を守るための予防処置のひとつです。

特に6歳臼歯は早くから生え、長く使っていく歯なので、虫歯にならないように幼少期に守っていくことが大切になります。

シーラント.jpg