ヒヨコに歯があった!?

こんにちは!博多区古門戸のやまだホワイトクリニックの陣之内です。

今回はヒヨコに歯があった!!お話しをしたいと思います。

かたいくちばしを持つ鳥には歯はなく、もちろんニワトリも鳥ですからくちばしはあっても歯はありません。

しかし、なんとヒヨコには歯があったのです!

不思議なお話ですがふ化したばかりのヒヨコには上のくちばしの先端に小さな突起があり これを卵歯(らんし)あるいは破殻錘(はがくすい)と呼ばれていて、この突起が「ヒヨコの歯」の正体なのです。 一般的には歯は口の中にあるものですがこれは内側ではなく外側についているのです。 ヒヨコはふ化する時に内側から卵の殻を割って出てきます。 この時にこの歯が活躍するというわけです。 卵歯はふ化後数日でとれて無くなってしまうので見たことがある人や知っている人も少ないんですね。

鳥の祖先は歯を持っていたそうなのですが長い年月の中で食べ物や生活環境によって失われてきたそうです。

生き物の仕組みは知れば知るほどおもしろいですね! 機会があればヒヨコの歯を見てみたいです♪

 IMG_0216.JPG