生涯医療費

こんにちは。博多区のやまだホワイトクリニック歯科の森です。

今回は、お金の話です!!

皆さんは、一生のうちで一体医療費にいくら費やしていると思われますか?

2010年の厚生労働省の調べでは、なんと2400万円!!!

もちろん、高齢になればなるほど医療費は増加していきます。

心身ともに健康でいることが、お金を貯める一番の近道かもしれません(笑)

生涯医療費.png

そんな中、歯科医師会のデータで、下のような面白い結果も出ています。

40歳以上を対象に残存歯数と医科医療費の関係を調べた調査で、残存歯が多い方が年間の医科医療費が少なく済むとういう結果です。

それも、年間17万円以上も!!!

残存歯数と医療費.jpg

歯科医院のホームページでこういう結果を見ると、眉唾のように感じられるかもしれませんが、歯科医師の立場から考えると、結構納得出来る結果だったりします。

虫歯で痛いのを我慢していたり、歯周病でグラグラな歯を放置していたりすると、どうしても食べ物をあまり噛まずに飲み込んでしまいます。

そうなると胃などの消化器官は疲れ切ってしまうでしょう。

柔らかいものしか食べられなかったり、食が細ってしまったら、免疫力も低下して、風邪や肺炎など感染症にだってかかりやすくなると思います。

そもそも口の中がバイ菌だらけだったら、誤嚥性肺炎という病気のリスクが格段に上がってしまいます。

でも、皆さん、御安心下さい。

トヨタ関連部品健康保険組合(豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査によって、定期的に歯科医院でケアを行っていれば、年間医療費を抑えることができるという調査結果も出ています。

65歳でなんと年間15万円!!!

トヨタ.jpg

痛くもないのに歯科に通い、メンテナンスにお金をかけると考えると、少しもったいないような気分になりますが、実際はかけた以上のお金を節約していることになっているのかもしれません。しかも、歯もツルツルになるし、一石二鳥!!

皆さんも、今ある自分の歯を大切にして、入れ歯の方もしっかり噛めるように調整して、しっかり食べて、しっかり貯めて(笑)、健康に長生きをしましょう。