口臭が気になる方へ - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2020/11/26
口臭が気になる方へ

こんにちは。博多区のやまだホワイトクリニック歯科です。

今回は口臭についてお話しようと思います。

口臭は本来誰でもあるものですが、胃腸が原因で口臭が強くなると思われている方が多いと思います。しかし、口臭の原因のほとんどは口の中にある言われています。

食事や飲酒が原因の口臭は、一時的なもので、時間が経つと減っていきます。これは、治療の必要はありません。
 

また、起床時、空腹時や緊張時には唾液の分泌量が減るので細菌が増殖し、口臭が強くなります。これは、歯磨き・食事・水分補給などにより改善するため、治療の必要はありません。

しかし、何らかの病気・疾患によって口臭がある場合には、原因に対する適切な対処が必要となります。口臭の原因は、約9割が口の中にあると言われており、口の中の十分な衛生管理が必要となります。

原因として大きなものは、舌苔と歯周病があります。

舌の上に苔のように広がり、拭うと取れてくる汚れを舌苔といいます。原因はさまざまで、ストレス、口呼吸、唾液の分泌量減少などと言われています。舌の汚れを掃除する専用のブラシ(舌ブラシ)などを使って、舌苔を除去することで、それに伴う口臭を予防・改善することができます。

歯周病の原因は、歯垢の中の細菌です。歯周病菌の多くが臭いの原因物質を作ります。そのため、歯磨きをしっかり行い、定期的に歯科医院を受診して歯石除去やクリーニングを行うことで、口臭を予防・改善できます。

もし口臭が気になる方は歯科医院に行かれてみてください。