虫歯になりやすい職業 - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2019/08/07
虫歯になりやすい職業

こんにちは、博多区歯医者のやまだホワイトクリニック歯科です。

突然ですが、虫歯になりやすい職業って聞いたことはありますか?

虫歯の主たる原因は食事に伴う糖の摂取のため、食事を含めた生活習慣が大きく虫歯リスクへと影響を与えている考えられています。

それをふまえて「虫歯になりやすそうな職業」について考えると

 

「デスクワークが多い人」

「医師・看護師」

「介護士」

「長距離ドライバー」

「システムエンジニア」

「料理人」

などが該当する可能性が高いです。

 

一日中デスクワークの方は、手軽に飲み物やおやつを摂取できる環境がありますし、仕事のストレスから甘い糖分摂取が進む傾向にあります。

医師、看護師や介護士などの勤務時間が不規則な職業の方や、不規則な時間に食事を摂る長距離ドライバーの方などは、缶コーヒーなどの嗜好品の頻度が高いです。結果として生活や食事のバランスも崩れやすいので、口の中の環境が悪い方が多いようです。

また、システムエンジニアなどのように休みの取りにくい人も該当します。

そのほか、「ストレスを受けやすい」「喫煙して唾液量が減少している」「ドライマウスになりやすい」などの特徴がある人も虫歯になりやすいため、注意が必要です。

 

食べ物を食べると口の中が酸性に傾くのですが、唾液が酸性に傾いた状態を中和してくれ、これを【緩衝作用】といい、唾液が虫歯を予防してくれます

ですが、口の中が中和された状態に戻るには大体三時間ぐらいかかります。

よって、間食をちょくちょくしていると口の中が酸性の状態がずっと続いてしまうわけです。

この酸性の状態が虫歯を助長します。

d_10.jpg

料理人は一日中料理をすることも珍しくありません。

味見なども頻繁にしなければいけないので、常に口の中は酸性状態です。

なので、虫歯になってしまう可能性が高いのです。

これはパティシエや蕎麦屋など全ての料理人に当てはまります。

パティシエなどは砂糖を使うことも多いので、さらに確率が高まります。

 

だからと言って仕事中にキシリトールガムを噛むわけにもいかないですし、味見を止めることも出来ないと思います。

なので、常日頃から虫歯菌が出す酸に負けない強い歯をつくる必要があります。

高濃度フッ素入りの洗口液をつかったり、定期的に歯科検診を受けて口腔内の細菌数を減らしたり出来るところから取り入れてみてください。

 

因みに虫歯予防で有名な【フッ化ナトリウム】ですが、口腔内により停滞しやすい順で並べると...

ペースト状の歯磨剤<ジェル状の歯磨剤<<<<<<洗口液

だそうです。

就寝前に歯をしっかり磨いて、高濃度フッ素入りの洗口液でしっかりゆすぐのも手軽でおススメです。

 d_11.jpg