親知らず - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2019/05/24
親知らず

皆さん、親知らずという言葉は耳にしたことがありますよね?

 

親知らずといえばなんとなく抜かないといけないもの

 

というイメージがあると思います。

 

しかし、なぜ歯は大事といっておきながら

 

抜くことを勧められるのか?

 

そもそも親知らずって何?

 

そんな疑問はないでしょうか?

 

 

いわゆる親知らずと言われるものは、

 

真ん中の前歯から数えて8番目の歯です。

 

専門的には第三大臼歯、智歯とも言います。

 

食生活の変化等から現代人の顎が小さく退化しているため

 

親知らずも退化し、生えずに骨の中に埋まっていたり

 

歯のもととなる歯胚さえも持たない方も多くなっています。

 

こういうことから将来私たちの体からはなくなるものであるということ、

 

そして磨きにくさから親知らずによって痛みが出たり、腫れたり、

 

手前の歯が虫歯になる可能性が高まることから

 

抜くことを勧められることが多いのです。

 

 

もちろん、親知らずを抜くにはリスクもあります。

 

場合によっては抜くリスクのほうが高い場合もあります。

 

診断はレントゲン撮影やCT 撮影等を用いて行います。

 

気になっている方は一度ご相談ください。