口内炎について - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2019/05/09
口内炎について

口内炎とは

口腔粘膜(唇・歯ぐき)の比較的広い範囲に起こる炎症の総称です。一般的には丸く白い口内炎が有名ですが、赤くなるものや大きく広がっているものもあります。

口内炎の一番の特徴は触ると痛い事で、食事の苦痛を伴うため、高齢者の方は気づかすに栄養不足となり、悪化してしまうこともあります。

 

口内炎ができる理由

口の中は外から入ってくる細菌や、もともと口の中にいる細菌に対して防衛する反応が強く、体の抵抗力が下がっていたり、傷ができると過敏に反応し口内炎が現れます。

 

口内炎の原因

・  局所に原因がある場合(局所の細菌感染・歯科用金属アレルギー・入れ歯が合わないなど)

・全身的原因が求められる場合(白血病・天疱瘡・薬物アレルギーなど)

・原因が不明の場合(再発性アフタ・扁平苔癬など)

 

 

口内炎の治療

・口内炎の部分に軟膏を覆うようにつけます。擦りつけないように口内炎を軟膏で保護します。1日3〜4回繰り返すと徐々に痛みが改善してきます。

・当院ではレーザー治療も行っており、レーザーを当て口内炎の治りを促進させます。

 

口内炎の予防方法

・生活習慣の改善

疲れやストレスを溜めると、栄養の消費も激しく吸収も難しくなります。バランスの摂れた食事と十分な睡眠は口内炎から身を守ります。食事だけでは十分な栄養を摂取できない場合は、ビタミンBやCの入ったサプリメントを服用して補うと良いです。また刺激物となる喫煙やアルコールも控えることで、治癒を促進します。

 

・細菌の繁殖を防ぐ

口腔内には常に多くの細菌が棲んでいます。歯磨きをしっかり行い、手洗いやうがいを怠らないことで細菌の繁殖を未然に防ぐことができ、口内炎の発症リスクを抑えることができます。

・虫歯や合わない入れ歯を放置しない

虫歯や治療途中の歯があると口の中の粘膜を傷つけてしまい、口内炎の原因になります。虫歯は大きくなると歯が割れ、鋭利な部分が粘膜を傷つけてしまいます。合わない入れ歯も同様です。高齢者に多いのが入れ歯による傷が原因の口内炎です。

 

口内炎ができないような生活を心がけることが大切です。規則正しい生活、栄養バランスの取れた食生活、常に口の中を清潔に心がける事が口内炎を予防することにつながります♪

 

月別アーカイブ