唾液について - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2019/04/11
唾液について

今回は唾液について調べてみました。

唾液とは唾液腺から口腔内に分泌される分泌液であり、水分だけでなく電解質や酵素などを含みます。

唾液の分泌量は1日に1リットル~1.5リットルと言われていますが、個人差があり健康状態や年齢、性別などによっても違いがあります。

また、唾液の質にも個人差があり口の中の酸を中和する作用が低いと虫歯になりやすくなり、唾液の質が虫歯にも影響します。

 

唾液の驚くべき効果とは??

*食べ物を飲みやすくする

*味を感じやすくする

*消化酵素としての働きをする

*細菌の働きを抑制する

*再石灰化を促進する

*酸性に傾いた口内環境を中和する

*口の中を清潔にする働き(自浄作用)

何らかの原因で唾液の分泌量が減少すると、唾液の持つさまざまな効果が得られません。

そのため、食べ物が飲み込みにくくなったり、口の中がネバネバしたり、口が動かしにくくなったりするといった様々な症状がでてきます。

また、虫歯や歯周病にもなりやすく口臭が強くなる原因にもなります。

唾液の分泌量が減少する原因とは??

*加齢

*ストレス

*生活習慣(喫煙、アルコール、よく噛まない)

*女性ホルモンの低下、更年期障害

*口呼吸

唾液を増やすには??

よく噛んで食べることで唾液の分泌が促進される、キシリトールガムを噛むことも有効。

唾液の分泌量を維持するためにも口の中の健康を維持することが大切です!

3カ月に1回は定期検診を受けましょう。

今月のキャンペーンは新生活応援キャンペーンです。

歯ブラシ2本、歯磨き粉、携帯できるフロス、持ち手がついたフロスのセットが1000円で購入できます!

この機会に是非どうぞ!

IMG_3505.JPG