親知らず 抜くべき?残すべき? - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2019/03/29
親知らず 抜くべき?残すべき?

一番奥の歯である第三大臼歯、いわゆる「親知らず」を抜くこと・残すことの利点・欠点について解説します
基本的に親知らずは抜いたほうが良いです。理由は、
・親知らずがなくても(基本的に)噛むことに困らない
・現代人の顎には親知らずがまっすぐ生えるスペースがない
・横を向いて生えてきやすいため、虫歯や歯周病になりやすい
・まっすぐ生えていても、一番奥は磨きにくい
といった事が挙げられます。

親知らずだけが虫歯になるのならまだ良いですが、多くの場合、隣の歯が同じように虫歯や歯周病に侵されたりするので、残すのはとてもリスクがあります。
残すメリットとしては
①親知らずがあることで良く噛める
②別の歯が抜歯になったときに、親知らずを移植して使える
③骨の中にあって、虫歯や歯周病の心配がない
といったことが考えられますが、
①手前の歯が無い場合を除き、親知らずがなくても充分に噛めます。磨きにくいことで他の歯に悪影響が及ぶことを避けるべきです。
また、上下の親知らずがまっすぐ生えて、しっかりと噛み合っているのは稀です。
②親知らず移植の条件は厳しいです。親知らずが虫歯になっておらず、まっすぐ生えていて抜歯の際に歯を割る必要がない、といった状況でさえ移植の成功率はとても低いです。
なので、完全に骨の中に埋まっている場合以外は、他の歯を守るためにも早めに抜くようにしましょう。当院は、院長が口腔外科の出身で親知らずの抜歯ができますし、大学病院から専門の先生も来ているますので、お問い合わせ下さい。

月別アーカイブ