虫歯が一番少ない国は?? - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2016/06/24
虫歯が一番少ない国は??

皆さんこんにちは。福岡市博多区のやまだホワイトクリニック歯科の金城です。 早いものでもう1年の半分が過ぎ去ろうとしています。下半期も元気いっぱい頑張りたいと思います♪

さて、今日は歯についての雑学・豆知識をお話したいと思います。

突然ですが問題です!

むし歯が一番少ない国はどこだと思いますか? むし歯が少ない、と聞くと「予防歯科」先進国のフィンランドやスウェーデンを予想した方も多いのではないでしょうか?

実は正解は【ガーナ】なんです!チョコレートの原料であるカカオを多く生産しているガーナですが、ガーナの人が食べる事は少ないため虫歯が少ないのだそうです。(ガーナの砂糖摂取量は世界最低クラスだそうです)

一方、スウェーデンは予防歯科先進国としてその名が知られていますが、ひとむかし前までは多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。

1970年代に予防歯科に対する国家プロジェクトが行われ、現在では世界で最も歯科疾患が少ない国だと言われています。

わが国日本と比較してみると、70歳で残っている歯の本数はスウェーデンでは平均21本に対して日本は16本です。(ライオン調べ)

8020運動(80歳まで自分の歯を20本残す)という目標がありますが、こうしてみると日本はまだまだ努力が必要です。

歯周病や虫歯はまずは予防が第一です。定期健診は3ヶ月に一回受けましょう。もしなってしまったら早めに治療しましょう。