歯磨きの後のうがい - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2018/10/31
歯磨きの後のうがい

虫歯はいわゆる虫歯菌が糖を食べて酸を作り、これが歯の成分である(ハイドロキシ)アパタイトを溶かすことを「脱灰」といいます。
初期の虫歯では脱灰したアパタイトが歯に戻る「再石灰化」と呼ばれる現象が起きます。
フッ化物(フッ素)を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると次には脱灰しにくいため、歯の表面が強いアパタイトに置き換わって虫歯に強くなります。
つまり再石灰時にフッ化物がお口の中にあることが重要になってきます。
これが虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き剤がいいといわれている理由の一つです。
こういった理由で歯磨きの後に何回もうがいをすると歯磨き剤に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまうのです。
歯磨きの後のうがいはできるだけ1回程度にして、しばらくは飲食しないことにより再石灰化効果が高まるそうです。
慣れないうちは違和感があると思いますが、歯磨き後のうがいはできるだけ回数を減らしていきましょう!

月別アーカイブ