歯の硬さ - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2017/12/25
歯の硬さ

物の硬さをはかる単位として、硬さを10段階で示した『モース硬度』というものがあります。

人間の歯の硬さはどれくらいかご存知ですか?

【身近な物のモース硬度】

モース硬度1:チョーク

モース硬度2:岩塩、純金

モース硬度3:珊瑚

モース硬度4:鉄、真珠

モース硬度5:ガラス

モース硬度6:オパール

モース硬度7:人間の歯(エナメル質)、水晶

モース硬度8:エメラルド

モース硬度9:ルビー、サファイヤ

モース硬度10:ダイヤモンド

 

なんとガラスよりも硬いのです!!

正確には歯全体ではなく"エナメル質"と言われる、歯の表面を覆っている白い部分の硬さです。

 

この一見頑丈そうな歯のエナメル質ですが、実はとても弱いものがあります。

それは、歯に穴を開けてしまう「虫歯」です。

歯垢の中にいる虫歯菌(ミュータンス菌)は、私たちが食べたり飲んだりしてお口に入った糖分を利用して「酸」をつくり、エナメル質を溶かします。

鉄が水や酸素にさらされると錆びてもろくなるのと同じように、人間の歯(エナメル質)も、しっかり手入れをしないと虫歯によって簡単に穴が開いてしまいます。

また、虫歯菌が酸を生産しにくい食生活を心がけるのも大切です。

ちなみにエナメル質の内部にある「象牙質」のモース硬度は5〜6です。

象牙質にまで虫歯の穴が空いてしまえば、そこからの虫歯の進行はエナメル質の時より加速します。

日頃の手入れに加えて、歯科医院で初期の虫歯が無いか検診をオススメします(^ ^)

 

月別アーカイブ