顎関節症 - 歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2017/04/28
顎関節症

今日は顎関節症についてお話ししたいと思います。

顎関節症.png

皆さんは、突然お口が開きにくくなったり、お食事中に歯ではない部分に痛みを感じたことはありませんか?

痛みなどの症状まではなくても、口を開け閉めした時に『カクカク』音がする方は多くいらっしゃいます。

顎関節症は程度の差はあれ、2人に1人が一生の間に一度は経験する疾患だそうです。

主な原因としては『歯の接触(TCH)』と考えられています。

本来上下の歯は会話・食物の咀嚼・食物も嚥下という動作の時のみ瞬間的に触れ合うだけで、1日にわずか20分程度と言われています。歯を軽く接触させただけで筋肉が働きだすため、接触が長時間になれば、筋肉は疲労し、顎関節は押さえつけられ関節部への血液の巡りが悪くなり痛みを生じやすくなります。

また顎関節症の原因は1つではなく、咬み合わせの悪さであったり、関節や筋肉構造の弱さ、緊張(ストレス)の持続など様々なことが関与して許容範囲を超えた時に症状を引き起こします。

なので多くの原因のうちの一つが解決される、または原因が全体的に少なくなってくると症状は自然と回復していくのです。

顎の関節の痛みが強く続くので、本当に治るのか不安になって、さらにストレスを溜めてしまい歯を接触させたり食いしばったりして症状が改善されないことがありますが、このことを知っておけば少し気が楽になっていただけるのではないでしょか。

もし気になる症状などありましたらご相談ください。

月別アーカイブ