お菓子を控えることで虫歯も歯周病もリスク軽減できますか? - よくある質問

無料メール相談

スタッフブログ

よくある質問

2018/02/16
お菓子を控えることで虫歯も歯周病もリスク軽減できますか?

虫歯の予防にはなりますが、歯周病の予防にはある意味関係しません。

まずはお菓子と虫歯の関係ですが、虫歯を作るミュータンス菌がお菓子の糖を栄養として虫歯をつくるので、 そのミュータンス菌の栄養となる『糖(お菓子)』を減らすことで虫歯予防は可能です。

ですが歯周病は口腔内に残った磨き残しや食渣(しょくさ)が歯石となり、 歯石に歯周病菌が住み着き歯周病を進行させていくので、 お菓子の量を減らすより、歯に汚れが付きにくい食べ物に替えた方が歯周病予防に効果的だと思います。

 

 

 

では『歯に汚れが付きにくい食べ物』とは何なのか?

これは"ナイフ"で例えると分かり易いと思います。

例えばナイフでリンゴを切ったとします。ナイフはあまり汚れません。

次にナイフでケーキを切ります。そうするとナイフには、べったりと汚れがつきます。

このナイフがそのまま私たちの歯なのです。

皆さんも間食をする時は、その食べ物は歯を汚す食べ物かのか、もしそうならいつもより念入りに歯を磨いてみてください。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ